日本で火災保険が身近な存在に。増え続ける自然災害

これからマイホームを購入しよう、または購入したけど保険についてはよく知らないというかたも多いのではないでしょうか?

一生のうちで何度も火災にあう不運はほぼないにしても、火災保険は最近いろいろなメディアで登場するトピックになりました


このところなぜ火災保険をテーマにした記事を見かけることが増えたのでしょうか?

それは2011年の東日本大震災をはじめ、今までには予想もできなかった数多くの自然災害が日本中を襲っているからではないかと思います。


火災保険でカバーするのは「火災」保険と言っても火事による損失の補償だけではないのですね。

特に近年日本で季節を問わず目をひく被害は「風水害」です。

台風ゲリラ豪雨竜巻ひょうといった水災・風災が主な自然災害が日本各地どこでも大きな被害を及ぼすケースが多くなったようです。

特に集中的に降り注ぎ甚大な被害を及ぼす「ゲリラ豪雨」、これは台風の主な経路であった九州・沖縄地方の住人でなくとも、日本全国どこにいようがいつ何時わが身に災難として降りかかるかわからなくなりました。

水災は地域によっては今までほとんど必要ないと考える人が多かったようですが、大雨による床上浸水や竜巻など強風による家屋や家財へのは損失は大きく、修繕費用もかさみます。マンション上層階に住む人以外には水災への補償はあると安心な備えだと思います。

ゲリラ豪雨は現在では日本のどこでも被害に遭遇する可能性があるため水災補償への加入率が全国的に上がっていると言います。


また、地震噴火津波などは火災保険ではカバーできません。

これらの災害は今まで自分の生活からはかけ離れた恐ろしい物語に登場する災害だととらえてきたのですが、大きな地震や火山噴火などは頻繁にニュースで扱われる身近な災害となってしまいました。


今後も地殻変動による予測のつかない災害が日本を見舞うことを考えると、火災保険に付帯して地震保険にも加入しておくべきだと強く感じています。

私のように考える人々も多く、東日本大震災後の地震保険加入率と、近年は水災・風災の

補償への加入を検討する人が伸び続けているそうです。


ハザードマップを利用するなどして住んでいる地域の特徴を把握し、自分に必要な火災保険の備えを無駄なく、また不足もなく備えておきたいものですね。