ハローワークがブラック企業対策、この先どうなる?

厚生労働省ブラック企業」の求人を扱わない方針で検討しているそうです。

この不況の中、求職者数は増えるばかりで求人数はなかなか増えない時に「ブラック企業」

を締め出したらハローワークの求人はどれほど淘汰されてしまうのか心配なところです。

しかし今までハローワークは「ブラック企業」を野放しに求人させていたということでもありますね。

しかしそもそもブラック企業の定義があいまいすぎないでしょうか?

有名な企業でも策略を凝らして表向きは優良企業を気取っていても、実は社内で働いている人たちの公式な数字に出ない現状はブラック企業社員そのものという場合もあると思います。

労働者側には働いてみて初めてわかる採用時には認識できなかったサービス残業や重労働、契約形態の変更、福利厚生への不満などもあるでしょう。

きちんとしたブラック企業の定義を定め、指導ガイドラインのようなものを作成して厚生労働省が管理と指導する体制も今後必要ではないでしょうか?

そして本気で良質な求人をしたい企業はブラックと呼ばれないための改善する意識を求人側の企業に持たせていくべきだと思います。