食品の機能表示に2015年から新制度が誕生

食品などのパッケージで「骨の健康を維持できる」「目や鼻の調子を健やかに整える」などの、これが効きますよ、健康に良いですよ!という表示ありますね。

私はとても気にして良く見るほうです。少しでも自分の健康に良さそうだと思えばすぐ買っちゃうタイプで、とくに「トクホ(特定保健用食品)」表示の誘惑には弱いんです。

やはり「トクホ」は国が認めているから大丈夫、本当に効果がありそうと感じさせる信用度の高さが大きいのですが、この機能性表示に新システムが加わることになりました。

2015年春ごろから、健康への機能や効果をうたった文言を、国の審査を受けることなく事業者の責任だけで表示できるようになるそうです。

要は厳しい審査を通らなくても販売する側は「○○が気になるかたへコレ一品」や「この成分がXXの改善を促します」というメッセージをつけて売ることができるということですね。

なんと野菜や魚などの生鮮食品にも適用されるようです。国の審査を通過しないで、機能や効果を謳った食品がそこら中に並ぶと私たちも混乱しそうです。

でももちろん消費者庁や消費者、ライバル会社は目を光らせて機能の表示に虚偽がないかをチェックして、万一機能が表示と異なるような売り方をして違反いれば、販売者は勧告を受けたり社名公開されることになっています。

少しでもウソやズルをすれば社会的制裁を受けることになるので売る方にも高いモラルが求められます。でも私たち消費者はあまりに複雑化する「機能性表示」の食品を選ぶときにどんな賢い消費行動がとれるのか、この成分表示の専門知識を広く周知できる構造も必要になるのではないかと思います。