少子高齢化だからこその教育

少子高齢化がものすごいスピードで進む日本ですが、国や自治体がいろいろな取り組みをしており、最近では新しい視点での取り組みも目立つようになりました。その一つに、高齢者の介護予防や孤立化を防止するために、大学が一役を担う例が見られます。

自治体が大学の施設を借りて高齢者向けの健康増進の講座を開いたり体力や認知機能のテストを教員や学生たちやボランティアが運営の手伝いで参加しているのです。一部の大学では高齢化を主とする地域の問題に特化した授業を行っており、学生たちは地域を良くする視点を社会に羽ばたく前に高い意識を持てることになります。自治体は高齢者が要介護状態になった場合の負担を減らすことも期待でき、少子化による大学入学者の激減が待ち受ける大学側では地域貢献で生き残る道が拓けます。これらの高齢者を対象にした講座やリクレーションの活動を行う学生たちは、核家族世代なので「おじいちゃん、おばあちゃんと触れ合えるのが楽しい、その世代から聞けるいろいろな話題が新鮮」と感じ、利用する高齢者は大学で若者と触れあうことで、ともすれば孤立しがちな生活に活力が戻る効果があるでしょう。