日本が世界に誇れるコメが世界で人気に

美味しいお米と言えば日本、風味のあるパンならフランス、もっちりしたパスタならイタリアというイメージがありますね。このお米の文化が、ある道具の世界的普及でさらに人気が高まりそうなのです。それはズバリ「炊飯器」です。毎年600万台をコンスタントに日本国内で販売し、10万円以上の価格帯でも売れ行きが伸びるという安定した炊飯器という家電製品は珍しいでしょう。うちには1万円台の炊飯器が5年以上それはよく働いてくれています。まったく壊れる気配もないのに買い替え需要がそれほどあるのか疑問ですが、それほど確固とした人気の炊飯器、私たち日本人には台所に必ずある当たり前の家電でした。これがネット通販サイトなどの広がりで、アジアはもちろん、アメリカ、オセアニア、南米、中近東まで販売ルートが拡大し、世界の人々がお米が美味しく炊けるという楽しさに目を向け始めたのでしょう。中国では日本製の高級炊飯器を所有し、おいしくご飯を炊けるのが高いステータスと認識されているようです。多くの国で日本食が愛され、海外で続々と和食レストランや回転ずし店がオープンされているので、ぜひ世界の人にカリフォルニア米やタイ米ではなく「米と言えば日本のコメ」で美味しいご飯を食べて、日本の誇る素晴らしいお米の美味しさをわかってほしいと思います。