受賞金まで登場した社会問題

ブラック企業大賞などという、笑うに笑えない賞の受賞企業が発表されました。

ブラック企業という言葉は最近になってよく耳にしますが、労働基準法なんてまるで無視している企業は昔から多数存在していましたよね。実際私もそれに近い企業で働いたことがあります。セクハラ、パワハラ、サービス残業無給の休日出勤etc.なんでもあり。訴えに出たところで労働組合が強い会社でないとただ従業員はつぶされるだけなので結局黙って働き続けました。

ただ、今のブラックと違うのは給与がちゃんと支払われていたことです。好景気だった頃と現在の状況が大きく違うところは、景気が良ければ軽い程度のブラック企業なら働けば給与がきちんと人間らしい暮らしができるだけ支払われていたこと、そして好況時には人手不足なのでブラック企業でなくても働き口がたくさんありますから、従業員がブラック企業に搾取される前に優良な転職することが現在より容易だったのです。

ブラック企業に搾取され続けている人たちは結局「逃げ場」がないのです。ブラック企業規制法案も浮上してきましたが、とにかくうつやノイローゼ、過労による自死などが横行するブラック企業からから従業員を救い出すには、まず雇用の拡大からではないかと思います。